つまりが直らないときは

もしもつまりが直らない場合にはどうしたら良いでしょうか。例えば、おもちゃやボールペン、携帯電話などの固形物が落ちてしまった場合には、きちんと拾い上げなければいけません

もしもそのまま流してしまったら、排水部分に引っかかってしまい、最終的にはいろんな物体と絡まってしまって完全につまることも考えられるのです。そうなったら、便器を外さなければならなくなる可能性すら出てきます。そういったときにもラバーカップは効果的です。

プロ便器の水が少なくなったときに、バケツを使って水を入れます。それからまたラバーカップを使っていると、再度水が少なくなっていくはずです。それを繰り返していると、便器の中の水もきれいになっていき、つまっているものも便器の手前に戻ってくることがあります。そうしたらその時が取り出すチャンスです。

もしかしたら、いくらやっても全然つまったものが戻ってこないこともあるかもしれません。そのような場合は、奥で完全につまってしまっている可能性も考えなければなりません。こうなってしまったトイレつまりの場合は、プロに頼らなければならなくなることもあります。個人での作業に限界を感じたら、意地を張らずにプロに依頼するようにしましょう。無理に作業を続けると余計につまりが酷くなる可能性のあります。

 

 

Pocket

ラバーカップの使い方

水まず、ラバーカップを使うときには、水がない状態では意味がありません。水はある程度ある状態が望ましいです。トイレの便器にもしも水がなかった場合は、ラバーカップの上くらいまで水を溜めておく必要があります。それから、便器の穴にカップを当てるようにします。

カップを押すときには、カップ内の空気を全部なくしてしまうようなイメージでゆっくりと押し付けるようにします。カップの中は真空状態にする必要があるため、何度か押し付けて、ピタッとはまるところを探してみると良いでしょう。

カップが押し込むことができれば、次は勢いよく引き上げます。押すときにはゆっくりと空気を抜くようにして、引き上げるときには勢いよくすることがポイントです。カップが引き上げられることによって水が吸い寄せられて、その勢いでつまっているものが動き、つまりが解消されるという仕組みです。

何回かこの動作を繰り返すことによって、水がスッと引きます。これが、つまりが解消されたサインということになります。この時、もしも何かしらの物体が逆流してきた場合には、便器からすかさず取り出しましょう。放置しておくと、それが原因でつまってしまうことが考えられるためです。つぎはトイレのつまりが直らない場合について紹介していきます。

Pocket

トイレのつまりはどうする?

家のトイレのつまりが起きるというのは、割とあり得るパターンだと思います。しかし、もしもそうなってしまったら慌ててしまうはずです。 では、事前にどのような準備をしておけば良いのでしょうか。

ラバーカップそこで登場するのがラバーカップです。慣れないトイレのトラブルであっても、これを使うことによって簡単に解決することができてしまうのです。ただ、知らない人は知りません。ラバーカップって何?という人も中にはいるかもしれません。そうした人はまずはそこから知っていくことになります。

つまりの種類についても知らなければなりません。もしも今困っているのであれば、リアルタイムに実践することによって、トイレのつまりをラバーカップで取り除くことができるはずです。まず、もしも固形物が落ちてしまったというのであれば、その時には必ず拾って流さないようにすることが鉄則です。もしも流してしまった場合には、排水部分にそれが引っかかってしまい、トイレットペーパーも絡まり完全に詰まってしまいます。 余計なメンテナンスが必要になることもあります。もちろん、ラバーカップを使うことによって、つまっていたものが便器に戻ってくることもあるのですが、いくらやっても戻ってこないこともあります。そうなったらプロに頼んで修理してもらうしかなくなることもあるのです。まずは、ラバーカップの使い方をしっかりと理解して、最低限のつまりに対処できるようになりましょう。

 

Pocket