つまりが直らないときは

もしもつまりが直らない場合にはどうしたら良いでしょうか。例えば、おもちゃやボールペン、携帯電話などの固形物が落ちてしまった場合には、きちんと拾い上げなければいけません

もしもそのまま流してしまったら、排水部分に引っかかってしまい、最終的にはいろんな物体と絡まってしまって完全につまることも考えられるのです。そうなったら、便器を外さなければならなくなる可能性すら出てきます。そういったときにもラバーカップは効果的です。

プロ便器の水が少なくなったときに、バケツを使って水を入れます。それからまたラバーカップを使っていると、再度水が少なくなっていくはずです。それを繰り返していると、便器の中の水もきれいになっていき、つまっているものも便器の手前に戻ってくることがあります。そうしたらその時が取り出すチャンスです。

もしかしたら、いくらやっても全然つまったものが戻ってこないこともあるかもしれません。そのような場合は、奥で完全につまってしまっている可能性も考えなければなりません。こうなってしまったトイレつまりの場合は、プロに頼らなければならなくなることもあります。個人での作業に限界を感じたら、意地を張らずにプロに依頼するようにしましょう。無理に作業を続けると余計につまりが酷くなる可能性のあります。

 

 

Pocket