ラバーカップの使い方

水まず、ラバーカップを使うときには、水がない状態では意味がありません。水はある程度ある状態が望ましいです。トイレの便器にもしも水がなかった場合は、ラバーカップの上くらいまで水を溜めておく必要があります。それから、便器の穴にカップを当てるようにします。

カップを押すときには、カップ内の空気を全部なくしてしまうようなイメージでゆっくりと押し付けるようにします。カップの中は真空状態にする必要があるため、何度か押し付けて、ピタッとはまるところを探してみると良いでしょう。

カップが押し込むことができれば、次は勢いよく引き上げます。押すときにはゆっくりと空気を抜くようにして、引き上げるときには勢いよくすることがポイントです。カップが引き上げられることによって水が吸い寄せられて、その勢いでつまっているものが動き、つまりが解消されるという仕組みです。

何回かこの動作を繰り返すことによって、水がスッと引きます。これが、つまりが解消されたサインということになります。この時、もしも何かしらの物体が逆流してきた場合には、便器からすかさず取り出しましょう。放置しておくと、それが原因でつまってしまうことが考えられるためです。つぎはトイレのつまりが直らない場合について紹介していきます。

Pocket